保育士の学校の選び方


保育士さんへの道

よくある保育士を目指すきっかけとは

よくある保育士を目指すきっかけとは 保育士を目指すきっかけの中で多いのは、自分も子どものころに保育園に通っていたということが挙げられます。
自分自身が子どもの時に保育士から良い影響を受けた場合、憧れを持つようになります。子どものころの夢や憧れを持ち続けて保育士を目指している学生はたくさんいます。
また、小さい子どもが好きだからという理由をあげる学生も大勢います。確かに保育園では乳児から就学までの子どもを預かるので子どもが好きという点はとても大切です。
子どものころに感じていた「お世話をしたい。」という気持ちが心の中で残っていると保育の現場で働きたいという思いにつながります。
その他では自分の母親や身近な人の中に保育の現場で働いていた人がいる場合にもその道を選ぶことが多いです。
身近な人から聞く様々な情報から「楽しそう。」「子どもがかわいい。」という気持ちへと広がっていきます。
保育士を目指す人は自分自身の体験や自分の身近な人の存在が大きく影響しています。

保育士になるための学校の選び方

保育士になるための学校の選び方 保育士になるためには、厚生労働省指定の養成校で養成課程を履修する必要があります。養成校には四年制大学、短大、専門学校があります。
また数は少ないですが、大学の通信課程もあります。卒業すれば試験を受けずに保育士になることができます。
四年制大学は、理論に重きを置き実践的な授業は少ない傾向にあります。四年間あるので、専門分野について深く学んだり、ピアノや絵画など実技を磨くことができます。
学科によって幼稚園教諭や社会福祉士など他の資格が取得できるところも。将来、保育士以外の職業を目指す可能性がある人は、選択の幅がある四大がおすすめです。
専門学校は、保育に特化した授業を行い、保育の現場で役立つ力が身につきます。早く保育士として働きたい、他の仕事は考えていない人に向いています。
短大は大学と専門学校のちょうど中間くらいでしょう。大学の通信課程は、基本は通信で学び、年に何回か大学でスクーリングを受けます。
養成校が近くにない、費用や時間的に厳しいなどの理由で通学するのが難しい場合におすすめです。


Copyright 2017 保育士さんへの道 All Rights Reserved.