保育士の特徴的な業務内容


保育士さんへの道

保育士の特徴的な業務内容

保育士の特徴的な業務内容 保育士という職業は、ただ単純に幼児の世話をするだけではありません。
小学生などとは異なり、身体的にも精神的にも未発達な子供を相手とするため、健康や心理などに関する様々な知識が必要になります。
そのため、保育士になるためには、幼児を相手とする特徴的な業務を全うすることが出来るように、学生時代や研修生時代から一生懸命勉強することが重要になります。
より立派な保育士になるためのポイントとしては、学校の授業はもちろんのこと、勉強の過程で行われる数々の実習に対して、積極的に参加することです。
限りなく実務に近いことも体験することができるので、学生ということはありながらも、常に働いている気持ちで望むようにしましょう。
試験に合格後、研修生になっても勉強を怠らないことは当然です。
数年後には子供の成長をしっかりと支えなければならなくなるので、実務に就いてから苦労しないためには、学生の時以上に努力することが重要になります。

保育士の慣れが必要な仕事

保育士の慣れが必要な仕事 保育士になりたい、と思っていてもこのお仕事に関しても適性というものがあり、本人は憧れの仕事であっても、まったく適性がない、という保育士さんも実際には多い、とされています。
その場合には、親御さんから酷くクレームが入ってしまう他、本人も楽しくない、と憧れが幻想であったことを確認し、退職をするケースがありますが、この他には、基本的に適性がある方の場合には、「慣れ」が必要なものとして、技術的な問題として「ピアノの演奏力があるかどうか」という点が挙げられます。
これは、採用の際にも、実際に実技試験があります。
当然、音大レベルなどのようなピアノの技術はまったく必要ありませんが、両手でまったくピアノを弾くことが出来ない、という場合には、レッスンを受ける必要性が出てくるほど、慣れが必要です。
ただ、このピアノに関しても、あまりにも酷いレベルの場合には、慣れではどうにもなりませんが、基本的に大人になってからでも、保育園で弾けるレベルまでは、努力次第で多くの人が到達できる、とも言われています。

Favorite

ファクタリング

2019/9/6 更新


Copyright 2017 保育士さんへの道 All Rights Reserved.