年齢の上限はある?


保育士さんへの道

保育士の最終学歴は何になる?

保育士の最終学歴は何になる? 保育士さんになれる場合には、まずは資格が必要となってきます。
この場合には、圧倒的に多い最終学歴は「短大」とされています。
これは県立の短大などや私立の短大などで、保育士の免許が取得出来るため、そこからすぐに就職をされる方が多いため、とされています。
一方で、意外にも驚くことに、早稲田大学などのエリート大学出身の方で、通信などで保育士の資格を取得し、そこから就職をする、という方もおられます。
そのため、大変に頭脳明晰であり、考え方も論理的である、とすぐに正規の社員または職員となられることが多い、とされています。
ただ、基本的に圧倒的に短大卒の方が多く、基本的には短大からすぐに保育士さんとなる方が多い、とされています。
また、こちらも滅多にありませんが、音大を卒業してから、就職が一切ないため、資格を短大に入り取得し、そのまま保育園で働く、という方もおられます。
このような形になっていますが、最終学歴としては、短大の方がとても多い世界である、とされています。

保育士の人で多い最終学歴

保育士の人で多い最終学歴 保育士に多い最終学歴としては、やはり大学卒があげられます。
これは、保育士の資格の習得に大きく関わるからです。
たとえば専門の養成機関に入学し、卒業すれば資格を得ることができます。
この養成機関の大半は、各地にある大学となります。
ですから、大学卒が占める割合も大きくなるのです。
他にも、認定試験を受けて、合格する道もあります。
これもまた、大学生が比較的優位に進めるようになっています。
もし、高卒や中卒である場合には、最終学歴に応じた実務経験が、受験への条件となります。
一方、大学や専門学校を出ているか、2年以上在籍していれば、実務経験は求められません。
それは、学部や学科が保育士と関係のないものであっても、同様です。
とくに高卒や中卒であれば、試験を受けた経験が少なく、ブランクもあります。
それだけに、狭き門となってしまうのが実情なのです。
保育士を目指すのであれば、知識の蓄積が必要です。
養成機関への入学も含めて、しっかりとした計画を立てていきましょう。

check

不用品回収 埼玉

最終更新日:2019/9/6


Copyright 2017 保育士さんへの道 All Rights Reserved.